フレッツ光の代理店には注意しましょう

フレッツ光の仕組みはとっても複雑です。
ですからフレッツ光を説明してくださいといわれて簡単に説明できる人はいないはずです。
ですが、勧誘してくる営業マンは、一言で説明します。
例えば「キャンペーンを受けることでやすくなる」とか、「キャッシュバックが受けられる」とかです。
これはいいことだけを極端に言ったものですから、間違いではありませんが、これだけを鵜呑みにするのは当然ですが、注意が必要です。
もしフレッツ光について正しい知識を身につけたいのであれば、
NTTの公式サイトを見るのが一番です。
NTTの公式サイトなら、ちゃんとした情報がありますし、間違ったことは書いていないはずです。
それでもわからないのであれば、NTTに直接電話をして質問してみるのがよいでしょう。
NTTの質問窓口は営業をしてきませんから、聞いたことをわかりやすく答えてくれるでしょう。
間違っても「安くなる」とか「キャンペーンでキャッシュバックが受けられる」といった営業マンのトークを鵜呑みにしてはいけません。
そんなわけで、フレッツ光の代理店の比較はこちらのサイトが参考になります。

そのほか、最近よく聞くようになった光コラボレーションを利用することで、私たち一般消費者にもメリットがあります。
ただし、本当の意味で光コラボのメリットを受けるためには、
しっかりと光コラボレーションを理解しておく必要があります。
光コラボのメリットを受けるためには、その光コラボ事業者と契約することで受けられるメリットをしっかりと理解する必要があります。
たとえば、自分の使っているプロバイダーと同じ光コラボ事業者を使うことで毎月の費用がお得になると思います。
その他にも自分の携帯電話会社と同じ光コラボ事業者を選択することで、お得な割引が受けられる可能性もあります。

このようにしっかりその光コラボ事業者がどんな利点があり、キャンペーンをやっているのかを理解すれば、光コラボのメリットを受けることができるでしょう。

ですが、単にキャンペーンをやっているといったことや、
お得になるというセールストークで契約をしてしまうと、その後に毎月の費用が高かったりあまりメリットはないので注意するとよいでしょう。

ネットを使えるようになるためには、フレッツ光とプロバイダーの2つが必要になります

ネットを使えるようになるためには、フレッツ光とプロバイダーの2つが必要になります。
プロバイダーには自宅の住所が必要であるため、引越などで住所を変えるときにはプロバイダーも住所変更の手続きや解約をしなければなりませんん。
また、プロバイダーによっては引越先の地域しだいでは対応していないところもありますからあらかじめっ
そういったことも調べておく必要があります。
引越先で目的のプロバイダーが対応しているかについてはフレッツ光の公式サイトかプロバイダーの公式サイトを見れば一目両全です。

また、せっかく引越をするのであれば、プロバイダーも見直しておくのがおすすめです。
当然プロバイダーによっては料金や速度やサービスに違いがありますから、今の自分の生活環境に一番あっているプロバイダーを選ぶとよいでしょう。

プロバイダーの多くは年契約で途中で解約すると違約金が発生するところがほとんどですから、長期的な利用も考えたうえで契約するようにしましょう。

そのほか覚えておきたいことは、引越しの際にインターネットの移転を忘れてしまうと、引越した後にあわてて移転の手続きをすることになります。

インターネットの契約の移転は2~3週間ほどかかるので、引越した後すぐにインターネットを使うためには、速めに移転の手続きをする必要があります。
インターネット契約の移転するためには、フレッツ光などの回線契約とプロバイダ契約の両方の移転手続きが必要になります。
回線契約は分かるけどどこのプロバイダ使っているか分からないという人が多いです。そういう場合は領収証や通帳の引き落とし欄、メールアドレスの@以下からプロバイダの確認をすることができます。
引越しをする時はまず回線契約の移転手続きが必要です。フレッツ光は地域によって利用できない場所もあるので予め引っ越し先で利用できるか確認しましょう。
この手続きがが終わってから設置場所住所・ご契約者住所・請求書送付先住所等の変更等のプロバイダの移転手続きをを行ってください。また、プロバイダによっては申し込み時に送られてきた、会員登録証などが必要になる場合があるので用意しておくことをおすすめします。

光コラボレーションって何?

ここ最近光コラボレーションといってNTT以外でも光回線を使ったサービスができるようになりました。
NTTとしては他の会社に光回線を使ってもらうことで、フレッツ光からの収入は減るのですが、その分光コラ ボ事業者から売り上げが上がるのでとんとんといったところでしょうか。

光コラボレーション事業者の方も今まで自分が行っているビジネスとシナジーが生まれるためメリットがあ ります。

一方われわれ消費者にとっては、自分と同じ携帯電話会社の光コラボレーションを利用することで更なる節
約が可能となりました。

たとえば、フレッツ光を使っていて、携帯電話ではAUを使っているのでしたら、ネット回線もフレッツ光からAUひかりにすることでお得になることが予想されます。

フレッツ光を理解するだけでも難しいのにさらに、光コラボという新しいものも生まれてさらに複雑になったという人もいるのですが、しっかり理解してちゃんと利用すればとても便利なものであるといえるでしょう。

また、フレッツ光には、フレッツ光を契約するときにオプションで使えるようになる「フレッツウイルスクリア」はNTTとウイルスバスターが協力してできたウイルス対策ソフトがあります。
月額料金はかかりますが、普通のウイルスソフトを使うよりもお手ごろに使えるのがよいですね。
フレッツウイルスクリアの特徴としては、クラウドにあるデーターベースによってウイルスを検地するため
、最新のコンピューターウイルスにも対応できるのが特徴です。

その他、フレッツウイルスクリアはつき契約ですのでたとえ月の途中で解約することがあっても年契約のウイルス対策ソフトと比べて損失が少ないのもメリットになります。
せっかくインターネットを使うのですから、コンピューターウイルス対策も万全にしておきたいですね。

 

 

フレッツ光でウィルス対策

インターネットの普及につれてネット犯罪もとても増えていますが、十分なウィルス対策をされていますか?
最近のコンピューターウィルスはとても進化していて、以前のようなパソコンの破壊や誤作動を起こすものではなく、偽のwebサイトに誘導して個人情報を入力させるフィッシング詐欺やパソコンに侵入しその中にある個人情報を漏えいするスパイウェアと言った、クレジットカード番号やユーザーID、パスワードなどのアカウント情報を得る目的のものが多くなっています。
個人情報の流失は架空請求詐欺や預金の引き下ろし・成り済ましなどの不正アクセスなどで、被害を受けてから気が付くケースが多いので、しっかりとセキュリティ対策をしておくことが重要です。
そんなセキュリティ対策としてフレッツウィルスクリアというものがあります。
これは、NTT東日本が提供しているもので、国内販売数№1のウィルスバスターのトレンドマイクロ社との技術提携により提供しており、ウィルス対策はもちろんフィッシング対策やスパイウェアなどを含めた7つの機能を月々400円で利用することができます。
また、NTT西日本のフレッツ光の場合はセキュリティ対策ツールという同等セキュリティ機能が標準で付いています。
フレッツウィルスクリアの特徴として、ウィルスの検出を約80%クラウドのデータを参照して行うため動作がとても快適です。
また、疑わしいファイルをクラウド上で更新される最新のパターンファイルで判定するので、常に最新のセキュリティ対策が可能です。
インターネットの様々な利用法が増え便利になる反面、ネット犯罪も増えてきています、ネットを安全に利用するために、しっかりとした背きゅうりティ対策を行いましょう。