ネットを使えるようになるためには、フレッツ光とプロバイダーの2つが必要になります

ネットを使えるようになるためには、フレッツ光とプロバイダーの2つが必要になります。
プロバイダーには自宅の住所が必要であるため、引越などで住所を変えるときにはプロバイダーも住所変更の手続きや解約をしなければなりませんん。
また、プロバイダーによっては引越先の地域しだいでは対応していないところもありますからあらかじめっ
そういったことも調べておく必要があります。
引越先で目的のプロバイダーが対応しているかについてはフレッツ光の公式サイトかプロバイダーの公式サイトを見れば一目両全です。

また、せっかく引越をするのであれば、プロバイダーも見直しておくのがおすすめです。
当然プロバイダーによっては料金や速度やサービスに違いがありますから、今の自分の生活環境に一番あっているプロバイダーを選ぶとよいでしょう。

プロバイダーの多くは年契約で途中で解約すると違約金が発生するところがほとんどですから、長期的な利用も考えたうえで契約するようにしましょう。

そのほか覚えておきたいことは、引越しの際にインターネットの移転を忘れてしまうと、引越した後にあわてて移転の手続きをすることになります。

インターネットの契約の移転は2~3週間ほどかかるので、引越した後すぐにインターネットを使うためには、速めに移転の手続きをする必要があります。
インターネット契約の移転するためには、フレッツ光などの回線契約とプロバイダ契約の両方の移転手続きが必要になります。
回線契約は分かるけどどこのプロバイダ使っているか分からないという人が多いです。そういう場合は領収証や通帳の引き落とし欄、メールアドレスの@以下からプロバイダの確認をすることができます。
引越しをする時はまず回線契約の移転手続きが必要です。フレッツ光は地域によって利用できない場所もあるので予め引っ越し先で利用できるか確認しましょう。
この手続きがが終わってから設置場所住所・ご契約者住所・請求書送付先住所等の変更等のプロバイダの移転手続きをを行ってください。また、プロバイダによっては申し込み時に送られてきた、会員登録証などが必要になる場合があるので用意しておくことをおすすめします。