フレッツ光でウィルス対策

インターネットの普及につれてネット犯罪もとても増えていますが、十分なウィルス対策をされていますか?
最近のコンピューターウィルスはとても進化していて、以前のようなパソコンの破壊や誤作動を起こすものではなく、偽のwebサイトに誘導して個人情報を入力させるフィッシング詐欺やパソコンに侵入しその中にある個人情報を漏えいするスパイウェアと言った、クレジットカード番号やユーザーID、パスワードなどのアカウント情報を得る目的のものが多くなっています。
個人情報の流失は架空請求詐欺や預金の引き下ろし・成り済ましなどの不正アクセスなどで、被害を受けてから気が付くケースが多いので、しっかりとセキュリティ対策をしておくことが重要です。
そんなセキュリティ対策としてフレッツウィルスクリアというものがあります。
これは、NTT東日本が提供しているもので、国内販売数№1のウィルスバスターのトレンドマイクロ社との技術提携により提供しており、ウィルス対策はもちろんフィッシング対策やスパイウェアなどを含めた7つの機能を月々400円で利用することができます。
また、NTT西日本のフレッツ光の場合はセキュリティ対策ツールという同等セキュリティ機能が標準で付いています。
フレッツウィルスクリアの特徴として、ウィルスの検出を約80%クラウドのデータを参照して行うため動作がとても快適です。
また、疑わしいファイルをクラウド上で更新される最新のパターンファイルで判定するので、常に最新のセキュリティ対策が可能です。
インターネットの様々な利用法が増え便利になる反面、ネット犯罪も増えてきています、ネットを安全に利用するために、しっかりとした背きゅうりティ対策を行いましょう。